トップページ財務・会計トップページ過去問題 平成26年度 問題 >平成26年度解答

平成26年度1次試験解答:財務・会計

設問1

解答:エ

【解答群】
(ア) 単一仕訳帳制においては、普通仕訳帳から総勘定元帳に合計転記される。
→×:単一仕訳帳制においては、普通仕訳帳から総勘定元帳に個別転記される。
(イ) 単一仕訳帳制においては、補助記入帳から総勘定元帳に個別転記される。
→×:単一仕訳帳制においては、仕訳帳から総勘定元帳に個別転記される。
(ウ) 特殊仕訳帳制においては、普通仕訳帳は不要である。
→×:特殊仕訳帳制においては、普通仕訳帳と特殊仕訳帳が必要となる。
(工) 特殊仕訳帳制においては、補助記入帳の特別欄の金額は総勘定元帳に合計転記 される。
→○:正しい

←問題に戻る

設問2

解答:ア

売上割戻とは、一定期間に多額または大量に購入してもらった得意先にリベートとして、売上代金の一部を減額(返金)することである。売上割戻は、当期の売上高から控除する。

売上割戻とは、当期中の売上高に関して、次期以降に行われると見込まれる売上割戻を当期末に見積計上するときに生ずる貸方項目である。なお、借り方項目の売上割戻引当金繰入金額は、当期の売上高から控除する。

  1. A社を対象とする売上高
    準売上高から売上割戻額と売上割戻引当金計上に伴う売上割戻引当金繰入額を差し引くことにより、A社を対象とする準売上高を求める。
     
      準売上高 850,000円
      当期中に実行された △10,000円
      売上割戻引当金繰入額(250,000円×2%) △5,000円
      差:準売上高 835,000円
     
  2. A社以外の得意先への売上高
    2,500,000円
  3. 損益計算書に計上する売上高
    835,000 + 2,500,000円 = 3,335,000円

←問題に戻る

設問3

解答:ア

←問題に戻る

設問4

解答:エ

←問題に戻る

設問5

解答:ウ

 

←問題に戻る

Copyright(C)Katana All right reserved.